前へ
次へ

インターナショナルスクールの特徴

一般的に考えましてインターナショナルスクールについては、アメリカのスタイル、ヨーロッパのスタイルを採用しているところが非常に多く、新学期に関しては8月中旬それから、終業式に関しては6月中旬ということになります。
日本国内の入学試験に関しては、幼稚園〜大学によって、異なるところはありますが、通常の場合11月後になっています。
インターナショナルスクールに関しては、通常の場合1年にわたり願書を受け付けます。
これについては外国からのいきなりの転勤によって日本国内に居住している人が多いからだといえます。
しかしながら、学校によって異なることになります。
一般的には、秋以後に願書受付そして、年明け入試が大半を占めます。
また、インターナショナルスクールの入試難易度についてですが、 学年が高くなるほど、試験も言うまでもないことですが困難を伴います。
それに加えて幼稚園〜高校までに似通っているのは、保護者の面談が必要ということです。
三者面談そして、保護者だけ、子供だけの面談などがあります。
学校によりスタイルが異なりますが、面談があります。
さらに、ネイティヴレベルの英語力は必要になってきます。
英語がネイティブとは違った親は、こうした面談がとりわけ憂鬱とも考えてよさそうです。
さらに、次に気分が重いのは、数枚にもわたる英語の願書といえます。

面談相手に関しては、ほとんどの場合校長先生また、受験学年相当の先生などですから、もちろん相手はネイティブということになります。
英語をしゃべることができるようになってほしいという理由のみでインターナショナルスクールへと入れるということは、子供からしても親サイドにしてとりましても簡単ではありません。
時間を掛けて家族と、近い将来を正視した教育方針を積極的に話し合うことが非常に重要になります。
しっかりとした目的意識をもって進学することが、大事になってきます。

Page Top